CONTENTS
鳥取伝統芸能アーカイブス
運営主体/NPO法人プロデュース・ハレ
監修/鳥取県教育委員会
協力/鳥取県内各市町村教育委員会
トップページ > 伝統芸能一覧・検索 > 岩坪神社獅子舞

芸能の地域:鳥取市
岩坪神社獅子舞
[ いわつぼじんじゃししまい ]

稀なる雌雄神楽獅子  
揚羽御紋の権現堂古流三方舞

[ ジャンル:麒麟獅子舞 ]

芸能の由来・沿革

岩坪神社獅子舞 vspace=
岩坪神社獅子舞
伝承によると、慶安3(1650)年に、鳥取藩主池田光仲公が、鳥取市樗谿に日光東照宮を勧請したところ、古人が権現堂古流三方舞の獅子舞を岩坪神社の獅子舞連中に伝授し、鳥取東照宮の祭礼に招かれて御遷宮に奉仕した。光仲公はこの神獅子に「揚羽の蝶」の定紋の使用を許可され、以来それが岩坪神社の社章となっている。
 

動画アップロード

動画アップロード

 動画を再生する 動画を再生する


伝統芸能について

文化財指定

鳥取県指定無形民俗文化財 指定年:昭和34年12月25日

公演場所・時期

7月海の日の前の日曜日(H25/7/14)、10月体育の日の前の日曜日(H25/10/13)。8時から氏子廻り、11時過ぎに岩坪神社での奉納舞。宵宮はなし。なお、3年に1度の大祭では行列を行いごぜんじば(御前事場)にて舞いを披露する。
公演時期: 7月、10月

演目・時間

「前の舞」「鈴の舞」「狂い獅子の舞」の順に行い、3つでひと演目。計20分ほど。

演目詳細

獅子頭は、神楽獅子2頭をもってし、雄・雌2頭の神楽獅子が「対舞」をするので、これを「権現堂古流三方舞」と呼んでいる。
囃子方は先導役に猩々、大太鼓1名と笛3名となる。また、獅子舞全体を棒を持って監視する横目という役割もある。服装について、獅子は上下赤の衣装に白足袋、草鞋を履く。蚊帳は赤で幣がついている。猩々も同じ衣装で赤の面、赤の髪、棒・鈴・幣・瓢箪を持っている。囃子は普段は各々和服を着るが、大祭の時のみ神主のような衣装・薄茶色の袍を着て烏帽子を被る。「二人立ち」の神楽獅子舞で雌・雄2頭が登場。「本舞」の第1部は「前の舞」といい、猩々の手と腰に持つ御鈴と御幣を欲求し、奏楽にのって猩々の後を追い、2頭交互に跳ぶ。第2部は「鈴の舞」で、猩々より御鈴と御幣を授けられ、大太鼓と横笛の音に誘われて歓び舞いながら、四周の悪霊を祓い清める。そして、第3部は「狂い獅子の舞」で、御鈴を授けられ、嬉しさの余り猛獣の個性を現し、極めて勇壮活発に猛り狂う。
神社での奉納舞の終了後獅子頭のみで全戸(不幸のあった家を除く)を訪問、門舞いを行う 獅子舞関係者宅では獅子頭を床の間に祀り、飲食を行う。

演目の見所

珍しい雌雄2頭の獅子が合わせるところ。特に「狂い獅子の舞」で6歩さがり座り込んで、2頭が頭を振り、前に出ていくところ。

演者配置図

 vspace=

ホームページ

芸能団体活動報告

お問合せ先

組織名:鳥取市教育委員会 文化財課
住所: 〒680-8571 鳥取市上魚町39(第2庁舎4階)
TEL:0857-20-3367

参考資料

野津龍著:「鳥取県祭り歳時記」山陰放送 (1985/06) 岩坪郷土誌(製作年不明) 無形民俗文化財申請書 鳥取県教育委員会製作「鳥取県文化財調査報告書」第4・8集掲載 四宮守正著:「日本の民俗・鳥取」(1972/9)


交通アクセス

地図

アクセス(交通手段)

JR鳥取駅から日の丸バス神戸線で30分、「岩坪」バス停下車、徒歩7分 車の場合、国道9号線 南隈(交差点) を右折して 鳥取南バイパス国道29号に服部(交差点)を右折して 県道42号線 →県道32号線→県道49号線を進む 

駐車場

神社の鳥居の前に数台は駐車可能 道路は基本的に一車線のため路肩駐車はできない



保存団体について

団体名

岩坪神社権現堂古流三方舞神獅子保存会



保存伝承の取り組みについて

会員外へ向けての取り組み

特に無しだが、新規募集については声掛けをする程度。



外部公演について

外部公演の是非